<< さらに、焼いたり     佐久の冬 >>