<< 薔薇の季節     現代の「小県の国衆たち」 >>